ひとりブランドやっています。

「もの作り」について徒然ています。

商品の構成を考えてみよう。

前回は「売れる商品の作り方」として「自分なりの定番商品を作ろう」と書きました。

そして、その「定番商品だけではだめですよー」とも書きました。

じゃぁ、商品はどんな風に構成していけばいいのだろう?、ということを今回は書きたいと思います。

 

1、商品は売上げをとる「定番商品」と「イメージ商品」が必要

2、イメージ商品だけ、定番商品だけ、だとどうなるか?

3、商品企画はパズルみたい。

 

1、商品は「定番商品」と「イメージ商品」が必要

商品には前回書いた「定番商品」の他にブランドの世界観やトレンドを加味した「イメージ商品」の2種類が必要です。

定番商品だけだと人はワクワクしてくれないし、イメージ商品があることによって定番商品にもワクワクのスパイスが加味されて魅力的に映ります。

とはいえ、文章だけだと分かりにくいのでイラストで描いていこうと思います!

 

2、イメージ商品だけ、定番商品だけ、だと?

イメージ商品だけ、の作家さんや個人ブランドをよく見かけます。

作り手が「かわいい!」と思うもの、装飾がたくさん入った商品だけで構成された新規ブランドや作家さんのページ。

イラストにするとこんな感じです。

 

f:id:gururii:20161206195204j:plain

 

華やかで眺めていても楽しいです。

フォロワーも多くつくと思います。

でもひとつひとつの商品は使う人を限定してしまい、実際に購入してくれるお客さんは少ない観賞用のブランドになってしまいます。

 

対して定番商品だけのブランドやお店。

 

f:id:gururii:20161206195255j:plain

営業主体で商品作りをしているブランドや小売店でたまに見かけます。

定番商品(定番カラー)は売上げの大部分を占めるので、売上げだけに目がいきがちなショップやブランドでたまに見かけます。

でも、これをやっちゃうとブランドやお店にワクワク感がなくなって、お客さんが寄り付かなくなってしまいます。

 

ちなみに秋冬に洋服や小物で一番売れるのは黒色のベーシック商品です。

先日訪れたUNIQLOの靴コーナで黒一色で多種のパンプスやブーツをだしているのを見かけました。

ワクワク感が無い感じで商品群が平べったい雰囲気になってしまっている気がしました。。(UNIQLOさん、ごめんなさい!)

 

企業デザイナー時代の個人的な経験で、売上げを取りたい営業さんが多種のベーシックカラーの商品だけを並べて売り場を構成したところ、売り場が沈み悲惨なシーズンになってしまった思い出があります。

 

「定番商品」と「イメージ商品」を混ぜ合わすことによって、見せ方と売上げのバランスがとれると思います。

 

f:id:gururii:20161206195530j:plain

 

 3、商品企画はパズルみたい。

 

よくデザイナー仲間と話していたこと。「商品企画ってパズルみたいだよねー」

上記の「定番商品」と「イメージ商品」のバランスを考えつつ、そのシーズンに何を出すかを捏ねくりまわして商品を企画していきます。

ブランドらしさがありつつ、季節感もあり、売れそうなベーシック商品も揃える。

って、なかなか難しくて何年経っても奥が深くてベテランにはなかなかなれません^^;

 

ここに個人でブランドをすると「在庫をどういう風に持つか」問題が加わるので、ひとりでブランドをしたり売れている個人作家さんは本当にすごいな、と思います。

 

分野によっては定番でも装飾が必要な商品もあるとは思います。

商品の構成を考える時にこの記事が何かの参考になれば嬉しいです。